概 要(outline)

「田子」と書いて「たっこ」。
由来については諸説ありますが、この地の先住民であるアイヌ人の言葉で「小高い丘」を意味する「タプコプ」から来ているという説が最も有力です。この他にも田子町には、アイヌ語に起源をもつと思われる地名がいくつか残っています。

「獅々内」(ししない)=シュシュナイ
「佐羽内」(さばない)=サパナイ
「相内」(あいない)=アイナイ
「丹内」(たんない)=タンナイ
「遅毛内」(おそけない)=オソケナイ
「相米」(そうまい)=アイマイ

人口:6175人(平成22年国勢調査)
総面積:241.98 ㎢
青森県内の町村で8番目の広さ。
約80%を山林が占める。
 

交通アクセス(access)

●三沢空港から車で約1時間30分
●東北新幹線二戸駅から車で約30分
  (東京駅から二戸駅まで、最短2時間38分)
●青い森鉄道三戸駅から路線バスで約30分
●東北自動車道…
  十和田インターから約1時間
  八戸道一戸インターから約40分
 

自 然(nature)


“星空”日本一
(平成4年度 夏期・環境庁 全国星空継続観察、和平高原開発農場 ※参加団体:道前子供会)
「水源の森」百選
(95年・林野庁選定、町民の森) ※大黒森を中心とする区域一帯
 町民の森区域は田子地域の約70%の上水道を供給しています。
 町の上水道は豊富な湧き水100%の飲用水を提供しています。
 


基幹産業(basic industries)

農業
<野菜>畑作を中心とし、水稲と畜産を組み合わせた複合経営が主流。
 
葉たばこ、米、にんにく、枝豆、トマト、きゅうり、田子牛(黒毛和種)など。
★推肥生産ファーム
★にんにく専用CA冷蔵庫
 ※にんにくの通年出荷を支援しています。
 

教育・文化(education & culture)

●町立幼稚園 1
●民営保育園 2
●町立小学校 3
●町立中学校 1
●県立田子高等学校(国際教養コースあり)
 ※毎年、中高校生を姉妹都市であるアメリカ・ギルロイ市に派遣しています。
 

生活・環境(life & environment)

●タプコピアンプラザ (TCV:田子町ケーブルテレビジョン)
●町立図書館
●タプコプ創遊村
●ガーリックセンター
●サンモールたっこ商店街
 

健康・医療・福祉(health, medical and welfare)

★国民健康保健高齢者保健福祉支援センター(せせらぎの郷)
★田子町地域包括支援センター(せせらぎの郷)
 
 町では、さらなる超高齢化社会の到来を踏まえ、保険・福祉・医療を一元化した総合的なサービスを提供する施設。高齢者が暮らしていく上で必要な適切なサービスが受けられるよう、きめ細かなサービスを支援・提供しています。

★町立田子診療所
★介護老人保健施設「老健たっこ」
 

ふるさと自慢(wonderful Takko)

まちづくり受賞の数々
●昭和62年手づくり郷土賞(建設大臣表彰受賞)
●昭和63年活力あるまちづくり(自治大臣表彰受賞)
●平成6年地域情報化優良団体(自治大臣表彰受賞)
●平成8年あおもり活性化大賞受賞
●平成9年先進的な地域国際化推進のまち(自治大臣表彰受賞)
●毎日・地方自治大賞・奨励賞(毎日新聞社主催)

青森県指定文化財
●イザリ機(県有形民俗文化財 昭和35年3月26日)
●十一面観音像(県重宝彫刻 昭和35年6月24日指定)
●弥勤菩薩像(県重宝彫刻 昭和35年6月24日指定)
●田子神楽(県無形民俗文化財 昭和36年1月14日)
●田子虫追い(県無形民俗文化財 昭和58年1月7日)
●旧橋本家住宅(県重宝 平成17年3月14日)

町出身の偉人たち
●佐藤 万四
●奇峰学秀(仏像を数多く彫刻した僧)
●真法恵賢(和算、数学者)
●工藤数馬(画人、学者)